• TOP
  • >
  • 政治
  • >
  • ジョホール州での巨大開発計画に支援政策
2016-03-08 22:00

政治

ジョホール州での巨大開発計画に支援政策

ジョホール州
「ジョホール州成長戦略計画」と「第2イスカンダル開発計画」
マレーシア政府は、6日、「ジョホール州成長戦略計画(PPSJ)」と「第2イスカンダル・マレーシア包括的開発計画(CDP II)」を発表したと、BERNAMAなどのマレーシアメディアが伝えた。マレーシア政府が今回発表したこの政策では、ジョホール州で進められる4つの巨大開発計画に関し、同州と開発を進める機関が協働することで地域の包括的な開発を可能とし、この計画が、ジョホール州のみならず、マレーシア全土の経済発展に影響を及ぼす計画となることを目的としている。

ジョホール州の発展から国内全土へ
現在、ジョホール州では、1,386ヘクタールの海上に、4つの人工島を建設する「フォレストシティ建設計画」、シンガポールとクアラルンプールをつなぐ「高速鉄道建設計画」、また、「グマス~ジョホール・バル間 鉄道電化・複線化計画」、「プングラン石油複合施設建設計画」の4つの巨大開発計画が進行中である。

この中でも、特に、「フォレストシティ建設計画」と「高速鉄道建設計画」の2つは、国内における経済発展にも大きく貢献するとして期待される。

今回の発表についてナジブ首相は、「このPPSJ計画とCDP II計画は、ジョホール州の将来的な経済成長に拍車をかけ、これらに基づいた州政府らによる取り組みは、国家経済変革プログラムに資するだけでなく、ジョホール州全体の包括的な発展を可能とし、地域の企業や各個人に公平公正な利益をもたらす。」としている。

(画像はジョホール州政府HPより)


外部リンク

BERNAMA
http://www.bernama.com/bernama/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter
  • facebook