• TOP
  • >
  • 社会
  • >
  • 電通スポーツ・アジア・マレーシア事業部長に副社長兼任スチュアート・ラマリンガム氏
2016-02-28 14:15

社会

電通スポーツ・アジア・マレーシア事業部長に副社長兼任スチュアート・ラマリンガム氏

電通
新副社長が電通スポーツ・アジア・事業部長も兼任 MSLのCEOも経験
広告・マーケティング事業などを行う電通株式会社(Dentsu Inc)の子会社である、電通スポーツ・アジア・マレーシア(DSA)事業の新部長兼副社長に、スチュアート・ラマリンガム氏の就任が、電通イージス・ネットワークの19日のニュースリリースにて明らかにされている。

スチュアート・ラマリンガム氏は、FIFAやAFCなどのマネジメント、MSL(マレーシアスーパーリーグ)のCEOを経験、前職は幾つかの商業興信所のコンサルタントを2年間務めた。サッカーの熱烈なファンでもあり、ユース選手でもあった経歴を持つ。

国際基準マネジメント取り入れ国内スポーツ業界発展へ 国内からアジア地域へ
同氏は電通DSA事業部長に就任したことで、国際基準のマネジメントやサービス手法などを取り入れ、新たなスポーツ・マーケティングの展望を構築、国内スポーツ業界の更なる発展を目指していくとしている。

DSA事業部長に就任したことについて、スチュアート・ラマリンガム氏は、
「世界のスポーツ業界に大きな影響力を持つ電通スポーツの、一員になることを非常に誇りに思う。マレーシア国内のみならずアジア地域まで、更に強固で大きな基盤を築けると確信を持っている。」(Dentsu Aegis Network ニュースリリースより引用)
と話している。


外部リンク

Dentsu Aegis Network ニュースリリース
http://dentsuaegisnetwork.com
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter
  • facebook