• TOP
  • >
  • 社会
  • >
  • マレーシア当局が象牙を密輸阻止 合計159キロに上り末端価格38万ドル以上にも
2016-03-06 23:15

社会

マレーシア当局が象牙を密輸阻止 合計159キロに上り末端価格38万ドル以上にも

象牙密輸
KLIA税関がキャリーバッグから密輸象牙を押収 ベトナム人の容疑者2人を逮捕
マレーシア・クアラルンプール国際空港の税関において先月27日、キャリーバッグの中から合計159キロの密輸象牙を押収したことを2日各メディアに対し明らかにしている。

先月27日、エチオピアからクアラルンプール国際空港経由でベトナム・ハノイへ向かうベトナム人利用客2人が持つキャリーバッグから、101キロに上る象牙が見つかり逮捕され、その後同日にも58キロに上る多くの象牙が他のバッグから発見され押収されたとしている。

マレーシア当局は象牙の密輸が、繰り返し行われていた形跡があるとして、更に捜査を進めている。

密輸グループの密輸方法に変化か お守りや薬としてアジアで大きな需要
野生動物などの貿易を監視する関連当局は、
「大量に密輸する場合、従来は海からのルートを使っていたが、今回の事件で密輸方法に変化が出てきていることが明白になった。」(The Japan Timesより引用)
としている。

一部のアジア地域において象牙は、お守りや伝統の薬として重宝されており、中国がその中でも大きなマーケットとなっていることが分かっている。


外部リンク

The Japan Times
http://www.japantimes.co.jp

IOL
http://www.iol.co.za
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter
  • facebook