• TOP
  • >
  • 社会
  • >
  • ジャカルタなどのテロを受け、マレーシア首相が改めてテロとの戦いを強調
2016-01-20 07:45

社会

ジャカルタなどのテロを受け、マレーシア首相が改めてテロとの戦いを強調

ラザクナジブ首相
マレーシア首相、いかなるテロ行為に対しても全力で対抗する姿勢を示す!
マレーシアのラザク・ナジブ首相は17日、自身の公式ソーシャルメディア・ページにて、テロに対するマレーシアの姿勢を改めて表明している。

イスタンブール、パリをはじめ、先日起こったジャカルタでのテロを受けて投稿したもので、ジャカルタなどでのテロによって、多くの一般市民の命が奪われていることに言及。また、
「人種差別や宗教に関連した過激派組織の、様々なテロ行為に対して、マレーシアは改めてテロと全力で戦うという姿勢であることを強調したい。」(The New Straits Timesより引用)
と、マレーシアのテロに対する姿勢を改めて示した。

平和への調和、及び国内警備を強化が最優先事項!テロリストの侵入をまず防ぐ
またラザク・ナジブ首相は同投稿にて、
「国内の平和への調和、及び国内警備を強化することが最優先事項であり、警備にあたる人員を増やし、観光地や、ショッピングモールなどを警戒している。水際でテロにつながる人や物の侵入を防ぐため、国境付近では特に警戒を強めている。」(The New Straits Timesより引用)
とも述べている。

ジャカルタでのテロが発生してからマレーシア当局は、国内でテロが発生する可能性が非常に高くなっていることを明らかにしている。


外部リンク

The New Straits Times
http://www.nst.com.my

Asia One
http://news.asiaone.com
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter
  • facebook