• TOP
  • >
  • 社会
  • >
  • マレーシアで初めてのアイススケート競技大会
2016-01-04 23:00

社会

マレーシアで初めてのアイススケート競技大会

アイススケート競技会
2017年、クアラルンプールで開催予定
2016年2月12日から21日までノルウェー・リレハンメルで開催される第2回ユースオリンピック冬季競技大会へ渡すマレーシア国旗式典が行われた。

国旗式典後、マレーシア、アイススケート協会(Isam)、Fedzil Johan協会長は、
「エンパイヤシティ、ダマンサラに現在、建設中のスケートリンクでSEAゲーム・ワールドアイススケート競技大会が開催されることが2月に公式に発表されるであろう。」(BERNAMAより引用)
と述べた。

マレーシアは、東南アジアの冬季イベント組織のパイオニアである。

2017年のアイススケート競技大会
マレーシアは、フィギュアスケートで金メダルが2個、ショートトラックでは、金メダルが8個、合計10個の金メダルを狙っている。

マレーシア選手は、競技大会前にプトラジャヤのサンウエイ・ピラミッドとIOIシティーモールで練習を重ねる。

マレーシアのスケート選手
Isamは、政府からの割り当てを取得した後にマレーシアのスケート選手を来週、韓国へ送る予定であるとも述べた。

マレーシア選手は、1月29日ブルガリアで開催予定のワールドユースチャンピオンシップと2月10日開催予定のアムステルダムワールドカップ出場準備のために来週から韓国で練習を始める。

マレーシアの代表チームは、フィリピンで開催されたアジアオープンチャンピオンシップで金メダルを3個と銅メダルを1個、カタール国際チャンピオンシップでも銅メダルを獲得している。

(画像はIsamホームページより)


外部リンク

BERNAMA
http://www.bernama.com/bernama/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter
  • facebook