• TOP
  • >
  • 経済
  • >
  • データソニック パスポートのIC化業務を受注
2015-12-18 11:15

経済

データソニック パスポートのIC化業務を受注

データソニック
内務省からの発注書を受理
データソニックグループは、15日、パスポートのIC化に関する、およそ3億1875万リンギットの業務をマレーシア政府より受注したと発表した。
発表によると、同社の完全子会社であるデータソニック・テクノロジー(DTSB)社は、同日、このパスポートIC化関連業務で、マレーシア内務省より発注内示書(LOA)を受理したとのこと。

業務契約期間は、2016年12月1日から2021年11月30日までの5年間となり、およそ1250万冊のパスポートをIC化する。また、このLOA契約に伴いDTSB社は、318万リンギットとなる契約履行を保証する保証状の提出が必要とされる。         

移民局との業務契約も進行中
データソニックグループは、IDカード、クレジットカード、キャッシュカードなどのIC化、ソフトウェアなどのカスタマイズ、研究開発のためのコンサルタントなど情報通信技術においてのさまざまなサービスを提供するグループ企業。

同社は、内務省との今回の契約について、今年度と契約期間中の今後の事業業績に大きく貢献するだろうとの期待を寄せている。

また、一般入札を通じ、マレーシア移民局との2013年2月より2018年1月までの5年間の業務契約も結んでおり、およそ1000万冊のパスポートに所有者識別機能を備える業務も担っている。(The Starより引用)

(画像はデータソニックHPより)


外部リンク

データソニックAnnouncement
http://dsonic.irplc.com/

The Star
http://www.thestar.com.my/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter
  • facebook