• TOP
  • >
  • 社会
  • >
  • インドのAP州とマレーシアのPEMANDUがMoUを締結、州政策の実行をサポート
2015-12-16 02:15

社会

インドのAP州とマレーシアのPEMANDUがMoUを締結、州政策の実行をサポート

AP
15日、インド南東部のアーンドラ・プラデーシュ(AP)州と、マレーシアの業績管理・実施局(PEMANDU:The Performance Management & Delivery Unit)が了解覚書(MoU)を締結した。今後PEMANDUはAP州の政策実行をサポートすることになる。

MoU締結はAP州のN Chandrababu Naidu大臣と、PEMANDUの代表を務めるIdris Jala大臣がAP州のヴィジャヤワーダ市で行った。

MoUは行政機関等の合意を示した文書で、一般的には法的拘束力を持たない。条約と異なり、国会の承認などが必須ではなく、罰則規定も設けないのが普通。

PEMANDUはマレーシアのナジブ首相が統括する首相府の下に2009年9月16日に設立され、主に経済変革プログラムや政府変革プログラムの実行支援や進捗評価などを行う機関。

PEMANDUは11月24日にもクアラルンプールでインドの行政機関NITI-AayogとMoUを締結しており、マレーシアとインドのパートナーシップが強まっている。

進捗管理は週次で行う
PEMNANDUはAP州に対し、オン・ザ・ジョブ・トレーニングや、各大臣の進捗管理を行う。

進捗状況やスコアカードは毎週更新され、プロジェクトの成果を詳しくモニターすることができるようになるという。


外部リンク

Business Standard
http://www.business-standard.com/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter
  • facebook