• TOP
  • >
  • 経済
  • >
  • UDAホールディングス、ペナンのリゾート地を再開発
2016-11-11 22:00

経済

UDAホールディングス、ペナンのリゾート地を再開発

再開発
再開発に向け、合弁会社を設立
UDAホールディングス(UDA社)は、Qアイランズ・ディベロップメント(QID社)と合弁会社設立契約を締結し、ジェレジャック・リゾート・アンド・スパとその周辺80エーカーを含む土地の複合再開発を進めると、8日、The Sun Dailyなどの現地メディアが伝えた。

リゾート地再開発から住宅地開発まで
この開発計画には、プラウ・ジェレジャックとマレーシア本土をつなぐ橋の建設、1,200戸からなる住宅地開発、テーマパーク、マリーナ、ホテル、サイクリングコースなどの建設計画が含まれる。

主要となる建設計画はすでに、ペナン州政府からの許可を得ており、2017年秋頃から開始され、8年から10年をかけ完成される。また、UDA社はこの開発費について公表していない。

2004年に閉鎖された施設をリブランド化
ジェレジャック・リゾート・アンド・スパは、2004年にオープン、マレーシアの地元観光客が訪れるリゾート地として高い人気を得ていたが、今年の5月に経営上の理由により閉鎖された。

今回の合弁契約により、ジェレジャック・リゾート・アンド・スパは、QID社が運営することとなる。

UDA社はQID社による運営は、このリゾート地を魅力ある旅行地としてリブランド化し、その価値を高め、経営を軌道に乗せてくれるはずだとしている。


外部リンク

The Sun Daily
http://www.thesundaily.my/news/2052359

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter
  • facebook