• TOP
  • >
  • 経済
  • >
  • マレーシア~タイ高速鉄道、本格協議へ
2016-11-28 21:00

経済

マレーシア~タイ高速鉄道、本格協議へ

高速鉄道
実行可能性調査に関する協議を開始
マレーシア政府とタイ政府は、クアラルンプールとバンコクの2都市を結ぶ高速鉄道計画において、建設の実行可能性調査に関する協議をまもなく開始すると、24日、The Starなどの現地メディアが伝えた。

タイのアーコム運輸相が発表したところによると、両国における協議はまず、高官レベルでの話し合いから始まり、その後、閣僚レベルでの話し合いへと進められるとのことであるが、その具体的な開始日については触れていない。

シンガポールから中国まで
同高速鉄道は、マレーシア側ではナジブ首相が、クアラルンプールとシンガポールを結ぶ高速鉄道に連結されるとしており、また、タイ側では運輸省副事務次官が、将来的にはバンコクからラオスへ、また、ラオスから中国まで延伸される計画であるとしている。

実行可能性調査については、先にバンコクで行われたマレーシア・タイ年次会談において、ナジブ首相とプラユット首相との間で合意が交わされた。すでに中国と日本の2カ国が参画への興味を示している。

マレーシアとタイ2国間の総距離約1,400キロを結ぶこの高速鉄道は、マレーシア国内における路線が約500キロ、現在の計画では最高時速が250キロとなり、両国首都間の陸路での移動を約6時間へと短縮する。

(画像はイメージです)


外部リンク

The Star
http://www.thestar.com.my/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter
  • facebook