• TOP
  • >
  • 経済
  • >
  • テナガ、「プロジェクト4A」の電力購入契約に合意
2016-09-10 19:00

経済

テナガ、「プロジェクト4A」の電力購入契約に合意

テナガ・ナショナル
サウザン・パワー社と電力購入契約を締結
テナガ・ナショナル社は、6日、SIPPエナジーの子会社、サウザン・パワー・ジェネレーション社(サウザン・パワー社)と長期電力購入契約に関する合意を締結したと発表。          

この契約はサウザン・パワー社がジョホール州のパシル・グダンに建設する、ガスタービン2基を備えた総出力1,440メガワットのガスタービンコンバインドサイクル発電所でつくられる電力の購入契約。

同発電所はサウザン・パワー社が保有、管理運営し、運転開始予定日を2020年1月1日とする。

「プロジェクト4A」が再始動
2014年に「プロジェクト4A」として開始された同発電所建設計画は、当初、建設を受注していた合弁会社の出資者らが計画から撤退するなど難航していたが、SIPPエナジーの2年間にわたる交渉によりようやく、マレーシア政府からの認可が下りたことで改めて始動することとなった。

今回の合意では、同施設で発電された電力の送電などに関する責任はサウザン・パワー社にあることを規定しており、その契約期間は1基目のタービン運転開始から21年間となる。


外部リンク

テナガ・ナショナル社発表
https://www.tnb.com.my/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter
  • facebook