• TOP
  • >
  • 進出
  • >
  • GMOペイメントゲートウェイ、東南アジアへ事業拡大
2016-09-07 05:15

進出

GMOペイメントゲートウェイ、東南アジアへ事業拡大

GMOペイメントゲートウェイ
マクロキオスク社をグループ化
GMOペイメントゲートウェイ株式会社(GMO-PG社)は、8月30日、マレーシアのMACRO KIOSK Berhad(マクロキオスク社)の株式を取得、グループ化するとした。

ネットショップやデジタルコンテンツのオンライン事業者や公的機関などに向け、総合的な決算関連サービス、融資等の金融関連サービスなどを展開するGMO-PG社は、マクロキオスク社のグループ化により東南アジアにおける事業の拡大を図る。

インドネシアなどで決算サービスを展開
マクロキオスク社は、主にSMSモバイルソリューションやキャリア課金代行ビジネスを銀行や企業向けに展開するアジア最大手の企業。世界37カ国に大手銀行や航空会社など18業種のクライアントを持ち、モバイル決済・認証・ノーティフィケーションサービスの一括提供を行う。

GMO-PG社はこのグループ化により、今後まずは、銀行口座の保有率は低いものの、モバイルバンキングの急速な利用の増加が見込まれる、インドネシア、ベトナム、フィリピンなどの東南アジア地域で、銀行向けにマクロキオスク社の決算サービスを展開する。

また、マクロキオスク社のアジア地域におけるプレゼンス、顧客基盤、人材基盤、そして、GMO-PG社が日本で20年以上にわたり培った実績、知見、資金力を活かし、東南アジア地域におけるモバイルバンキングの普及とオンライン決算環境の発展に寄与するとしている。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

GMOペイメントゲートウェイ株式会社プレスリリース
https://corp.gmo-pg.com/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter
  • facebook