• TOP
  • >
  • 社会
  • >
  • 空港で18日間過ごした男、逮捕される
2016-09-21 06:00

社会

空港で18日間過ごした男、逮捕される

チャンギ国際空港
予定の便を逃し、空港のラウンジで18日間過ごす
シンガポール、チャンギ国際空港のラウンジで仮眠をとったところ寝過ごし、搭乗予定の便を逃してしまったマレーシア人の男が、その後、18日間、同空港のラウンジを転々とし、寝泊まりし続けていたところを逮捕されたと17日、THE STARなどの地元メディアが伝えた。

空港に居続けることにした男
先月8月20日の深夜に、翌21日午前7時5分発のクアラルンプール行きの便に搭乗するため、手続きを済ませたマレーシアのビジネスマン(32)が、仮眠をとろうと同空港の第1ターミナルにあるラウンジを利用した。

この男は、時間までに目をさますことができず、搭乗予定の便を逃してしまった。だが、男はなぜかそのまま空港に居続けることを選んだ。

搭乗券の偽造で禁固刑に
この男は、ラウンジの利用期限が切れた自身の搭乗券の代わりに、インターネットを使って入手できるモバイル搭乗券を利用、自らのコンピューターで偽造搭乗券を作成し、同空港内にある9つのラウンジを転々とし続けた。

男はおよそ3週間、同空港の各ラウンジを利用し続けたが、頻繁に姿を現すこの男を不審に思った係員が警察に通報、9月14日に逮捕された。

31件の文書偽造罪で容疑者となったこの男の裁判では、うち3件で有罪が確定、2週間の禁固刑が下されたが、この男が空港に居続けた理由は明らかにされなかった。


外部リンク

THE STAR
http://www.thestar.com.my/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter
  • facebook