• TOP
  • >
  • 社会
  • >
  • ジカウイルスの感染者が確認される
2016-08-31 23:45

社会

ジカウイルスの感染者が確認される

ジカウイルス
シンガポール在住のマレーシア人女性、ジカウイルスに感染
シンガポールのアルジュニード・クレセントに住む、マレーシア国籍の女性がジカウイルスに感染していたと、27日、THE STARなどの現地メディアが伝えた。

これはジカ熱が流行している地域への渡航歴がない患者として、シンガポールで初めて報告された例で、同国内にジカウイルスを媒介する蚊がいることを示す。

しかし、同国では仕事でブラジルを訪れ、ジカウイルスに感染した患者の例が今年5月に報告されており、同国保健省は、ジカウイルスを媒介する蚊が国内にいる可能性は否めないとしている。

マレーシアでは国内感染も考慮し、対策に取り組む
一方、マレーシア保健省はシンガポールと国境を接するジョホール州の2カ所の検疫で健康監視システムを強化し感染予防対策に取り組み、感染者の入国を管理していくとした。

今年8月までの時点でマレーシア国内におけるジカウイルス感染例の報告はないが、同省は今後、ジカ熱が流行する地域を訪れた旅行者による国内感染の可能性も考慮するとした。

また、特にシンガポールのアルジュニード・クレセントを訪れる場合は、長袖などで明るい色の衣服を身につけ、虫除けスプレーなどを使用し予防に気を配ってほしいとしている。

ジカ熱の症状としては、発熱、全身の痛み、悪寒、発疹、結膜炎などがあるが、これは感染者の20%ほどにしか現れない。


外部リンク

THE STAR
http://www.thestar.com.my/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter
  • facebook