• TOP
  • >
  • 社会
  • >
  • 1MDB社関連で新たな疑惑。米国が資産差し押さえへ
2016-07-26 14:00

社会

1MDB社関連で新たな疑惑。米国が資産差し押さえへ

1MDB社
米国、10億ドル相当の資産差し押さえへ
マレーシア政府系投資ファンド、1MDB社の資金流用疑惑に関わる10億ドル相当の資産について、米国当局が差し押さえに動き出したと、21日、BBCなどのメディアが報じた。

訴訟により米国司法省が差し押さえを求めた資産は、ニューヨーク、ビバリーヒルズ、ロンドンなどにある高級不動産、有名絵画、プライベートジェット機などその一部で、総額ではおよそ35億ドルの資金が1MDB社から横領され、個人の贅沢品の支払いなどに充てられていたとされる。

マレーシア国民からの巨額の詐取
米国司法省はこの訴訟を、個人の銀行口座に1MDB社の資金、およそ6億8100万ドルが入金されていたことを巡り、マレーシア当局によって捜査が行われた「マレーシアの高官」に対する申し立てとしている。

米国のロレッタ・リンチ司法長官は、「この件がマレーシア国民からの『巨額の詐取』であることは証拠が示している。」としている。

直接的な名指しはされていないもののこの米国による動きを受け、国内外において再び窮地に追いやられたマレーシアのナジブ首相は、「まず事実関係を明らかにすることが重要で結論を急がないでほしい。」とのコメントを述べており、1MDB社に関するいかなる国際的な捜査についても全面的に協力するとしている。


外部リンク

BBC
http://www.bbc.com/news/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter
  • facebook