• TOP
  • >
  • 経済
  • >
  • 国際協力銀行、マレーシア法人の買収に融資
2016-07-20 14:30

経済

国際協力銀行、マレーシア法人の買収に融資

融資
エア・ウォーターとの貸し付け契約を締結
政策金融機関、株式会社国際協力銀行(JBIC)は、12日、エア・ウォーター株式会社(エア・ウォーター)への資金融資に関する貸し付け契約を締結したと発表した。

融資はエア・ウォーターによる、マレーシア法人Taylor-Wharton Malaysia Sdn. Bhd.(TWM)買収のための一部資金となる。

エア・ウォーター、さらなる事業拡大に注力
エア・ウォーターは、産業ガス、医療用ガス、エネルギーなど主にガス関連事業を取り扱う企業。

また、同社が買収することとなるTWMは、低温液化ガス貯槽や低温液化ガスシリンダーなどの低温機器の製造販売を行う、米国大手産業ガス関連機器メーカのマレーシア現地法人。

同社は今回の買収により、マレーシアでの新たな製造拠点や顧客基盤を獲得、TWMを通じて海外におけるさらなる事業拡大に向け注力する。

JBIC、国際競争力の維持と向上に貢献
JBICは、同行が進める海外における日本企業のM&Aに長期的に必要な資金を供給し、日本企業の海外進出を支援する「海外展開支援融資ファシリティ」の一環として融資を決定。

また、今後も日本企業の海外での事業拡大や新規事業展開に協力し、公的金融機関として民間金融機関と連携、国際競争力の維持と向上に貢献するため日本企業による海外M&Aを支援するとしている。


外部リンク

株式会社国際協力銀行プレスリリース
http://www.jbic.go.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter
  • facebook