2016-07-26 15:30

統計・データ

マレーシア統計局、2016年の国内総人口数を発表

人口
2016年のマレーシア総人口数は3,170万人
マレーシア統計局は、22日、2016年におけるマレーシアの総人口数とその構成などを発表、国内総人口数は3,170万人になるとした。

2016年のマレーシアの人口数を男女別にみると男性が1,640万人、女性が1,530万人となり、全体では2015年の3,120万人から1.5%増加、さらに2014年の3,070万人から2年連続で50万人ずつ増加している。

国民全体の平均年齢は28歳
年齢別による人口構成は、14歳以下が全体の24.5%で前年比0.4%減少、労働人口となる15歳以上64歳以下が69.4%で同比0.2%増加、65歳以上の人口は6%で同じく0.2%増加。また、国民全体の平均年齢は28歳となっている。

民族構成では、マレー系が最も多く全体の68.6%、続いて、中華系が23.4%、以下、インド系7%、その他の民族が1%を占める結果となった。また、国内の総人口に対し10.3%の3.3万人が、マレーシア国籍を持たない移住者である。

州別での人口分布で最も人口割合が高かったのは、セランゴール州で全体の19.9%、続いてサバ州で12%、ジョホール州で11.5%。一方、最も人口割合の少ない地域は全体の0.3%で、連邦直轄領プトラジャヤと連邦直轄領ラブアンであった。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

マレーシア統計局
https://www.statistics.gov.my/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter
  • facebook