• TOP
  • >
  • 経済
  • >
  • 山陰合同銀行、アセアン企業向け投資ファンドへ出資
2016-05-21 03:00

経済

山陰合同銀行、アセアン企業向け投資ファンドへ出資

出資
CIMBグループなどが設立した投資ファンドへ
株式会社山陰合同銀行は、16日、シンガポールを拠点とする投資ファンド、AIGF社(ASEAN Industrial Growth Fund)への出資を発表した。

AIGF社は、マレーシア大手金融機関のCIMBグループ、三菱商事株式会社、株式会社日本政策投資銀行により、2015年2月19日に設立された、アセアン地域の中堅企業を対象とする投資ファンド。

マレーシアを始めとする、インドネシア、シンガポール、ベトナムなどの今後も安定した経済成長が見込まれる、アセアン地域の優良企業への資金提供を行う。

同社への出資には、今回決定した山陰合同銀行のほか、株式会社新生銀行、株式会社日立製作所、大和工業株式会社などの有力企業も参加している。

アセアン各国企業の事業価値の向上を目指す
山陰合同銀行は、マレーシア、インドネシア、シンガポール、ベトナムを重点地域、タイ、フィリピンをその他の注力地域に定め資金提供を行う。

また、CIMBグループ、三菱商事、日本政策投資銀行におけるそれぞれの事業ネットワーク、顧客基盤、投資業務に関するこれまでの経験を活かしながら、アセアン各国の現地企業における事業価値の向上を目指すとしている。

さらに顧客に向けては、AIGF社への出資を通じ、CIMBグループとAIGF社のネットワークを活用して海外進出サポートの態勢を強化、投資先等との間のビジネスマッチングや資本提携などを支援、アセアン地域における事業展開へのさらなる貢献を図る。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

山陰合同銀行プレスリリース
http://www.gogin.co.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter
  • facebook