• TOP
  • >
  • 経済
  • >
  • マレーシア経済成長率、第一四半期は4.2%
2016-05-18 20:30

経済

マレーシア経済成長率、第一四半期は4.2%

経済成長率
原油価格と日用品価格、国内需要の低迷による低い成長率
マレーシア2016年第一四半期の経済成長率は、4.2%の伸びと低い成長率にとどまったと、13日、The Starなどのマレーシアメディアが伝えた。
昨年同期の成長率5.7%と昨年第四四半期の成長率4.5%のいずれをも下回る伸び率で、背景としては、原油価格と日用品価格の安値、国内需要の低迷などが挙げられる。

これは5四半期連続での低成長率となり、最も低かった2009年第三四半期以来の低成長となるが、4.1%とされた市場の予想は上回る結果となった。

サービス業、製造業は好調だがいずれも昨年を下回る
農業を除く各産業では好調な成長率を示しているが、サービス業では昨年同期6.4%から5.1%、製造業では同5.6%から4.5%、建設業で同9.6%から7.9%、農業では昨年同期マイナス4.1%からマイナス3.8%の成長率となっている。

中央銀行、バンク・ネガラ・マレーシアのムハマド・イブラヒム総裁は、今年の後半には、生産能力の上昇による製造業における増産、エルニーニョ現象の収束と最低賃金の引き上げによる日用品の増産などを要因とした成長率の回復が見込まれるとした。

同氏は、「マレーシアの経済は世界に向けて開かれており、世界経済の成長がマレーシアの国内経済にもよい影響をもたらすことを忘れないことが非常に重要である。」としている。


外部リンク

The Star
http://www.thestar.com.my/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter
  • facebook