• TOP
  • >
  • 政治
  • >
  • KUL-SIN高速鉄道に新幹線を、安全性をアピール
2016-05-01 14:00

政治

KUL-SIN高速鉄道に新幹線を、安全性をアピール

マレーシア高速鉄道
安全性アピールで中国を猛追
日本の山本順三国土交通副大臣は29日、クアラルンプールで行われたThe 2nd High Speed Rail Symposium(第2回高速鉄道シンポジウム)の席で、日本の新幹線の誇る安全性をアピールし、クアラルンプール-シンガポール間の高速鉄道受注レースで一歩先を行く中国を猛追する姿勢を表した。

山本副大臣はシンポジウムの席で、安全性が新幹線の一番の特徴であることを説明。50年に及ぶ新幹線の歴史で、事故による犠牲者がゼロという実績をアピールした。

相互交流による人材育成も
山本副大臣は、国土交通省とマレーシアのThe Land Public Transport Commission of Malaysia (SPAD) による共同イニシアティブの一環として、日本がマレーシアに、鉄道サービスのための人材育成サービスを提供することで合意したことも発表。

シンポジウム後の会見では、
我々は特に「能力構築」に重点を置き、ベストプラクティスを共有すること、そして、大学や研究機関との他分野交流を通じ、日本での人材育成だけでなく、専門家をマレーシアへも派遣することで、その強化を目指す。(Malay Mail Onlineより)

と語っている。

シンポジウムには、マレーシアのリオ・ティオン・ライ運輸大臣も出席した。

(画像はMalay Mail Onlineより)


外部リンク

Malay Mail Online
http://www.themalaymailonline.com/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter
  • facebook