• TOP
  • >
  • 社会
  • >
  • マレーシアでおよそ12mの穴が道路に 工事中の下水道マンホールに車が落下
2016-05-06 09:30

社会

マレーシアでおよそ12mの穴が道路に 工事中の下水道マンホールに車が落下

マンホール
工事で下水道マンホールが開いたまま 警察と消防が連携し対応
マレーシアのセクション17に近いJalan Universiti(大学通り)で5月3日、珍しくも恐ろしい事故が起こったと、マレーシアのメディアが報じている。

Jalan Universiti(大学通り)を走行中のトヨタ・ヴィオスが、工事中の下水道マンホール、深さおよそ12mに車ごと落下し、乗車していた2人が怪我をしていると、同日14時7分頃に地元レスキュー・消防署へ一報が入ったとしている。

地元レスキュー・消防署のRamli Harun署長によれば、警察と協力し、事故現場を封鎖、状況を把握するため2人の消防隊員がマンホールの中へ入ったとしており、大変な救出現場であったと当時の様子を振り返った。

複数の怪我を負いマラヤ大学医療センターへ搬送 車はクレーンで引き上げる
またRamli Harun署長は、
「マンホールに入った消防隊員によって、乗車していた2人は15時20分頃救出されたが、複数の怪我を負っており、マラヤ大学医療センターへ搬送された。」(Malaysia Chronicleより引用)
と話した。

その後、近くの工事現場で稼動していたクレーン車を呼び、15時45分頃マンホールから車を引き上げることに成功したとしている。

事故を目撃していた土木技師は、穴に落ちないように周りを覆っていたのはプラスチック製のもので、コンクリート製の壁などで囲んでいれば、今回のような事故は防げたと見解を示している。


外部リンク

Malaysia Chronicle
http://www.malaysia-chronicle.com

The Straits Times
http://www.straitstimes.com
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter
  • facebook