• TOP
  • >
  • 社会
  • >
  • エアアジアがジョホールバルと広州市を結ぶ運航路線を追加 中国人の観光客誘致へ
2016-04-22 07:30

社会

エアアジアがジョホールバルと広州市を結ぶ運航路線を追加 中国人の観光客誘致へ

エアアジア
2016年5月29日より毎日運航へ マレーシアと中国を結ぶ17番目の路線を発表
マレーシアの首都クアラルンプールに拠点を置く格安航空会社エアアジアは、15日のプレスリリースにて、ジョホールバルと中国・広東省にある広州市を結ぶ新たな運航路線を発表している。

マレーシアと中国を結ぶ17番目の路線として発表され、2016年5月29日より毎日運航。新路線を追加することで、マレー半島南部へ更に中国人観光客を誘致していく狙いがあるとみられる。

新路線追加を記念したキャンペーンを開催 E-Visa導入で中国人に配慮
新路線追加を記念して2016年5月29日から10月29日までのフライトを、4月15日から28日までにオンラインで予約すると、片道運賃が88リンギットになるキャンペーンを開催。スマホ・アプリからの予約も可能としている。

また中国人はほとんどの場合が、自国を出国時にビザの取得が必要となっているが、マレーシア政府が3月に導入したE-Visa(電子ビザ)により、ビザの取得を容易にしたことで、マレーシアへの中国人観光客は更に増えると見込まれている。

(画像はAirAsia プレスリリースより)


外部リンク

AirAsia プレスリリース
http://www.airasia.com
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter
  • facebook