• TOP
  • >
  • 社会
  • >
  • KLの新しいロゴがインターネット上で物議を醸す
2016-04-30 13:00

社会

KLの新しいロゴがインターネット上で物議を醸す

クアラルンプール
観光促進用のイメージロゴ
クアラルンプール市は4月25日、そのイメージを表す新しいロゴとタグラインを発表したが、インターネット上では、そのデザインが物議を醸している。

クアラルンプール市のアミン・ノルディン市長は、「A city of contrasts and diversity」(コントラストと多様性の街)という、クアラルンプールの魅力をアピールし、観光を促進するための新しいスローガンを導入したロゴを発表した。

発表直後から厳しい反応
インターネットユーザーは、その発表直後から反応を見せたが、その多くは新しいロゴを批判するものだった。

これら批判的意見は、総合すると、新しいシンプルで地味なロゴは、クアラルンプールの魅力を伝えるどころか、熱意に欠けている、というもの。

これに対し市長は、
これはスタートです。このロゴを進化させるプランもありますが、固めるまでは数年かかるでしょう。(The Sun Dailyより)

と話している。

5分で作れる
ロゴのアイデアは、クアラルンプール観光局の全てのメンバーにより協議されたものだが、実際に似たロゴを作成し、インターネット上に投稿した人物は、
KL市庁へ。MS WordとPowerPointを使い、5分で作りました。新しいKLのロゴに大金を払わないよう望みます。(Malay Mail Onlineより)

とのコメントを寄せている。

(画像はMumbrella Asiaより)


外部リンク

The Sun Daily
http://www.thesundaily.my/

Malay Mail Online
http://www.themalaymailonline.com/

Mumbrella Asia
http://www.mumbrella.asia/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter
  • facebook