• TOP
  • >
  • 経済
  • >
  • 次期中央銀行総裁にムハンマド・イブラヒム副総裁を任命
2016-04-29 21:00

経済

次期中央銀行総裁にムハンマド・イブラヒム副総裁を任命

マレーシア中央銀行総裁
首相、次期中銀総裁を任命
マレーシアの首相府は27日、Bank Negara Malaysia(マレーシア中央銀行)の次期総裁に、現在、副総裁を務めているムハンマド・イブラヒム氏を任命したと発表した。任期は2016年5月1日から5年間となる。

現行の金融スタンスを踏襲か
ムハンマド氏は、2000年に初めて女性として中央銀行の総裁となったゼティ・アクター・アジズ現総裁の下、2010年から副総裁を務めており、現行の金融スタンスを踏襲すると見られる。

ナジブ・ラザク首相は、
私は、中央銀行が、ムハンマドのリーダーシップの下、マレーシアの持続的な経済成長を実現するため、今まで同様、政府を支え、アドバイスをしてくれることを確信している。(Bernamaより)

とのコメントを発表している。

ハーバード出身のキャリア
アメリカのハーバード大学で修士課程を終えているムハンマド氏は、1984年に中央銀行に入行した。中央銀行総裁にキャリアを抜擢したことは、長きに亘り総裁を務めたゼティ氏からの交代人事に不安を感じていたマーケットへの、ナジブ首相からの回答とも言える。

ゼティ氏は退任の理由として、1MDBを始めとする金融スキャンダルがエスカレートしていることを挙げていたが、ムハンマド氏のリーダーシップは、その渦中からのスタートとなる。

(画像はBernamaより)


外部リンク

Bernama
http://www.bernama.com.my/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter
  • facebook