• TOP
  • >
  • 進出
  • >
  • アステラス製薬、マレーシアに販売子会社を設立
2016-04-06 23:00

進出

アステラス製薬、マレーシアに販売子会社を設立

アステラス製薬
クアラルンプール市内にて、4月1日事業開始
東京に本社を置く、アステラス製薬株式会社は、4月1日、同社のマレーシアにおける販売子会社となる、「アステラスファーママレーシア」をクアラルンプール市内に設立したとし、同日の事業開始を発表した。
これまで、マレーシアに向けてのアステラス製薬の医薬品販売は、アステラスファーマシンガポールが担ってきたが、アステラスファーママレーシアの事業開始により、今後は同新会社がその販売を行うこととなる。

同時に、販売子会社の統括組織を設立
これと同時に、同社は、シンガポール、タイ、インドなどの東南アジアと南アジア地域における販売子会社を統括する組織となる、「SESA(South East&South Asia)統括組織」をシンガポール市内に設立したと発表。

アステラス製薬は、東南アジアと南アジア地域の医薬品販売拠点としてシンガポール、タイ、フィリピン、インドネシア、インドの5カ国に子会社を有しており、マレーシア、ベトナム、ブルネイを含む8カ国に向けての事業を展開、それらの販売子会社の統括をこの新組織、SESA統括組織が担う。

同社は、「先端・信頼の医薬で、世界の人々の健康に貢献する」ことを経営理念に、急変するビジネス環境にも柔軟に対応して事業の高質化と効率化に取り組む。また、今後も、東南アジアと南アジア地域において、業務遂行能力のさらなる向上と事業拡大に努める。

(画像はアステラス製薬HPより)


外部リンク

アステラス製薬ニュースリリース
https://www.astellas.com/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter
  • facebook