• TOP
  • >
  • 政治
  • >
  • 1MDB経営陣辞任、議会主導の調査結果公表を受け
2016-04-09 11:00

政治

1MDB経営陣辞任、議会主導の調査結果公表を受け

1MDB
調査は多くの問題を指摘
汚職疑惑に揺れるマレーシアの政府系投資会社1Malaysia Development Berhad(1MDB)の経営陣が、議会主導で行われた調査結果の公表を受け、辞任した。調査は多くの1MDB経営上の問題を指摘し、警察による元CEOの取り調べを求める内容となっている。

負債は500億リンギット
7日、議会に提出された報告書は、1MDBの財務状況について「不満」と指摘。その負債は今年1月の時点で500億リンギットとされ、2009年の50億リンギットから10倍に膨れあがっている。

報告書は、1MDBがこの負債を支払うことができない場合、財務相が唯一の株主のため、政府は約203億リンギットの損失を被ることになるだろうとしている。そして、元CEOであり、現在も経営陣に名を連ねるシャロル・アズラル・イブラヒム・ハルミ氏らの経営責任を厳しく追及している。

ナジブ首相については触れず
1MDBは、
負債は現在行われている資産売却を含む合理化により解消できる。(The Guardianより)

とのステートメントを発表している。

なお、報告書は、1MDB設立に深く関わり、この疑惑の中心にいるナジブ・ラザク首相については何も触れていない。

(画像はThe Guardianより)


外部リンク

The Guardian
http://www.theguardian.com/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter
  • facebook