• TOP
  • >
  • 社会
  • >
  • イスラム法に則ったエアライン、ストライキで運航を休止
2016-04-11 18:00

社会

イスラム法に則ったエアライン、ストライキで運航を休止

ラヤニ航空
パイロットがストライキ
シャリーア(イスラム法)に則ったエアラインとして、昨年12月から運航を開始したラヤニ航空が、パイロットのストライキのため、運航を休止した。TODAYonlineなどのメディアが伝えている。

運輸省からの警告も
ラヤニ航空はマレーシアでは初めて、そして世界ではロイヤルブルネイ航空、サウディア、イラン航空に次ぐ4番目のイスラム法に則ったエアラインだ。

だが、度重なる遅延や欠航に加え、手書きのボーディングパスを発行するなど、オペレーションに問題があるとして、運輸省から警告を受けている。

安全性への不安と給料不払い
今回のパイロットによるストライキは、機体の安全性に対する不安や、給料の不払いに端を発していると見られる。

あるラヤニ航空関係者は、
パイロット達は、1月下旬頃から、機体の窓や油圧システムなどに不安を感じており、これらが事故に繋がる可能性があると考えている。(TODAYonlineより)

と話している。

ラヤニ航空が運航しているボーイング737-400型機は、2000年までに生産が終了している機体だ。

ラヤニ航空はFacebook Page上では
メンテナンスのため一時的に運航を中止しています。(ラヤニ航空Facebook Pageより)

と発表している。

(画像はホームページより)


外部リンク

TODAYonline
http://www.todayonline.com/

Rayani Air ホームページ
http://rayaniair.com/

Rayani Air Facebook Page
https://web.facebook.com/OfficialRayaniAir/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter
  • facebook